【メディア情報】大腸内視鏡シミュレーターが、日本経済新聞に掲載されました。

新機能である持ち運びに対応した形状や、操作の難易度の設定、採点機能、患者さんの
苦痛状態を再現し「痛い」と音声が出る機能などについて紹介されました。

・掲載媒体:日本経済新聞
・掲載日:2019年11月13日
・掲載タイトル:「大腸内視鏡の操作訓練機 「患者の苦痛」数値化し採点」

採点機能や、苦痛状態の再現の様子については以下の製品ページ
動画でご覧いただけます。

一覧へ戻る