TRi (立位作業・就労支援ロボット)

copy-txt01

開発経緯

「TRi」は、MICOTOテクノロジー(旧:テムザック技術研究所)が、平成27年2月、公益財団法人鳥取県産業振興機構「とっとり次世代・地域資源産業育成事業」の助成を受け、鳥取大学医学部附属病院(リハビリテーション部、次世代高度医療推進センター)、養和病院の医師、理学療法士、作業療法士、企業の開発プロジェクトチームで、テムザック社(本社:宗像市)の開発した車いす型の移乗・移動支援ロボット「RODEM」をベースに開発を進め、 立位機能を新たに開発し、試作1号機として「TRi」を平成28年2月に製作、臨床試験を行っております。

特徴

renzoku-n
  • ●移乗の容易さ

    従来の車いすと異なる前方への乗車方法により、ベッドや車いすから体を回転することなく機器に移乗できる(介助者負担軽減・自立支援)

  • ●移動時の目線

    着座するシートの昇降機能により、移動時は従来の車いすの目線に比べ高くなり、健常者との距離感が近くなる

  • ●立位での作業

    シートが立位できる状態になり、立って行う作業、仕事ができる

様々な就労現場で

copy-work02

車いすで職場にきて、TRiに乗り換えて就労することを想定しております。車いすでは届かなかった、高い棚に商品を陳列する、店舗でレジを打つ、オフィスでコピーを取るなど、立って仕事ができることで、職場の人たちと同じ目線で笑顔で働く、就労の幅を広げることをご提案します。

■開発中のTRiの導入シーンのアニメーション映像です

製品主要諸元

寸法(全長・全幅・全高) L 900㎜ × W680㎜ × H1,200㎜(移乗時)〜1,400㎜(立位時)
シート可動範囲 ①シート昇降 400㎜ 〜600㎜
②シートチルト角度60°(立位時)
旋回半径 450㎜

株式会社MICOTOテクノロジー

〒683-0845
鳥取県米子市旗ヶ崎2319-3
TEL:0859-30-4275
FAX:0859-30-4276

contact@micotech.jp