skip to Main Content

titel-txt06a
2014年4月、ロボット技術・事業実績のある㈱テムザック(福岡県)と鳥取大学医学部附属病院との医療機器開発における連携をきっかけに、鳥取県米子市に株式会社テムザック技術研究所を設立しました。
そして、2017年6月、研究開発ステージから、製造・販路開拓へ注力する新たな事業ステージに入り、株式会社MICOTOテクノロジーへ社名変更いたしました。

株式会社MICOTOテクノロジー。この新社名は、数々の神話に彩られた歴史・文化を受け継ぎ「神々のふるさと」と言われるこの山陰地方に由来しています。

私たちMICOTOテクノロジーは、医療・福祉分野における医療用ロボットや医療機器の研究開発及び医療現場からの幅広いニーズを受けて、日々研究開発を行っています。先端医療に取り組む鳥取大学医学部附属病院の複数診療科との連携のもと、創造的・革新的な経営をリスクを取って展開するベンチャー企業として、医療現場と徹底的に深く関わり、機器開発、ビジネスに挑戦しています。

地域に経済波及効果をもたらすような事業にするためには、新しい開発目標、ビジネスモデルを日々、本気で考える中核的な大学や企業群が必要だと思います。山陰エリアの産学官金の医工連携により、山陰地域に医療機器・ロボット関連企業が増え、研究者が集まり地域の活性化に繋がると思います。

産業革命、IT革命のようにロボット産業創出は、生活や仕事の方法を変え、人の役に立つものを創る「文明をつくる仕事」と思っております。医療ロボット開発を通じ、世の中に役に立つモノを創っていることを社員一人ひとりが誇りに思い、夢を持って働ける会社として、50年、100年先も成長を続けている医療機器・ロボット産業を創る、強い志で活動しております。

MICOTOテクノロジー:代表取締役社長
檜山 康明

Back To Top